給湯器の配管から水漏れが起きたとき

給湯器の水漏れが起きたときは、スイッチを入れるのはやめましょう。ガスが通っているのでガス漏れによるトラブルが生じる恐れがあるためです。まずは何が原因で水漏れが起きているのか、原因を探ることから始めましょう。

■配管の中で凍結が起きている

特に外気温が大幅に下がる寒さ厳しい地域では、凍結によって給湯器の水漏れトラブルが起こることもあります。寒冷地以外の地域でも、氷点下まで下がるときは注意が必要です。配管の中に溜まったままの水が氷ると、氷が膨張することで配管にヒビが入ったり避けてしまうことから水が漏れてしまいます。凍結による配管の破損を防ぐためには、水抜き栓を抜いて凍結対策を取る必要があります。雪国以外の地域でも外気温が氷点下を下回るときは凍結防止対策を続けるようにしてください。

■配管の劣化が原因のこともある

給湯器本体も内部もそうですが、配管そのものも寿命があります。長い年月使い続けたことで配管が古くなり、古くなったことでもろくなります。もろくなったところは少しの衝撃で壊れやすくなるため、亀裂などが入って水漏れトラブルが起こりやすくなります。
配管の取り換え修理は専門業者にお任せするしか方法はありません。有資格者でなければ給湯器の修理はできませんから、配管から水が漏れている様子が確認できた場合は早めに専門業者へ連絡を入れて状況を説明して、早急に修理をしてもらいましょう。
ちなみに一時的に水漏れを食い止めるためには、止水栓を閉めておきます。水が漏れているということは、その分水道代がかかりますから、専門業者が到着するまでの間、止水栓を閉めておきましょう。

■まとめ
給湯器の水漏れトラブルは頻繁に起こるわけではないものの、絶対にトラブルが起こらないとは言い切れません。もしもトラブルが起きたらと想定して、役立つ豆知識や情報は今のうちに確認しておきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ