給湯器で水漏れが起きたら自力で修理しても大丈夫?

給湯器があれば、いつでも温かいお湯を使うことができます。もしも給湯器で水のトラブルが起きると、使用することができなくなります。一般的に起こりやすいのが水漏れトラブルです。何が原因で給湯器から水が漏れてしまうのでしょうか。

■長い間給湯器を使っていなかったとき

旅行に出かけたり実家に帰省したり、長期出張などで長く家を留守にしていたとき、給湯器から水が漏れるトラブルが起こりやすくなります。長い間給湯器を使っておらず水が漏れている場合は、一度給湯器のスイッチを入れてお湯を出してみましょう。問題なくお湯が出ているなら大丈夫ですが、もしも寒さが厳しい時期だと給湯器内部のパイプに溜まっていた水が凍ったことによって破損している恐れがあります。給湯器はガスを使用しており、内部に水が垂れていると不完全燃焼を起こしてしまう可能性があります。このような状態でお湯を出すのは危険です。内部が壊れる恐れがあるため、この場合は早急に修理屋さんへ連絡を入れて直してもらいましょう。

■設置してから長期間経っている場合

給湯器には寿命があり、一般的に8から10年ほど経つと劣化によるトラブルが起こりやすいことが分かっています。見た目には普通の状態に見えても、内部は劣化によって部品が壊れている恐れがあります。この場合は劣化によって壊れた部品を交換することで元通り使えるようになるものの、場合によっては給湯器本体を丸ごと取り換える必要があります。どちらの場合も専門家による判断が必要になるので、水が漏れた場合は素人判断をせずに専門業者に見てもらいましょう。

■まとめ
どうして専門業者に見てもらう必要があるのかというと、ガスを使う機器だからです。専門知識だけでなく有資格者でなければ修理や交換ができないため、水漏れトラブルが起きたときは必ず専門業者に見てもらうことが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ